月次損益書の重要性

 月次損益書は、月別の売場、経費、利益が表示されています。

同時に、経営者が予定している利益との比較検討や経営者が予定している数字と同様の数字で店長や働いているメンバーに管理してほしい気持ちの表れでもあります。

 つまり、店が目標としている方向に向かっていて、どれくらい差が出ているかどうかを示す指針です。

 月次損益書は、売上状況や経費の使い方を比較し、上昇しているのか下降気味なのかを感じる事によって改善点を検討する非常に有効な手段です。

 月次損益書は、お店の診断書です。毎月チェックして病気を発見し、直ちに原因を探して対策を立て改善していくヒントとして絶好のデータということができます。