軽減税率導入の影響や注意しておくこと

2019年10月より導入予定の軽減税率制度。導入の影響を最も受けるのは飲食店ではないでしょうか?

早くから対策し、準備をしておくことが重要です。

軽減税率とは?

軽減税率の対象品目である【酒類及び外食を除く飲食料品】は消費税8%のままです。この【外食】の範囲が細かく定められているため、まずは自分のお店の適用税率を確認しましょう。

→財務省ホームページ 消費税の軽減税率制度の対象品目

価格表示

お客様に混乱を招かないようメニュー表記の注意が必要です。消費者庁のホームページでは図入りで詳しく説明されています。

→消費者庁ホームページ

レジや周辺機器の入れ替え

軽減税率の地合おうが必要となる中小企業者等が、POSレジの導入や改修したときに利用できる軽減税率対策補助金があります。詳しくは軽減税率対策補助金事務局のホームページをご確認ください。

→軽減税率対策補助金事務局ホームページ

また、クレジット決済導入についても、一部の自治体で補助金が出る場合もあります。十分に調べておきましょう。

従業員教育

経営者はスタッフ全員に周知し、事前に丁寧な教育をしておくことがトラブルを未然に防ぎます。今のうちから準備を始めましょう。

原価率の上昇

軽減税率の導入後も売価が同じ場合、お客様に提供する消費税率が10%、仕入れの税率が8%で消費税の納税の時に従来との感覚が違い驚くことになります。適正な価格設定を検討し、お客様の理解を得られる範囲で増税分の価格反映が求められます。